派遣やバイトすら面接に受からないし決まらない!4つの解決方法

働きたくて、派遣やアルバイトの面接を何十社と受けているのに、全く受からない。面接に行くのにも交通費がかかりますし、金銭的にも苦しい。

あまりにも不採用が続く、と精神的にも疲れてきて落ち込んでしまいますよね。会社の条件にも合っている、服装や見た目も派手ではないし、一体何がいけないだろう。正社員ではなくバイトすら決まらないのは、とてもショックです。

スポンサーリンク

どうしても働きたいとアピールする

面接官も人間ですので、「御社で絶対に働きたいんです」と言うアピールをされると悪い気はしません。応募者が多い場合は、面接官の印象に残り採用に繋がる場合もあります。

例えば、入れる時間帯や曜日も同じような人が二人、面接に来るとします。1人は、どうしてもこの店で働きたいと一生懸命アピールしてくる応募者。もう1人は態度もふてぶてしく、採用されたいのか採用されたくないのかわからないような態度。

もしもあなたなら、どちらの応募者を採用しますか?答えは明白ですよね。

日本人はアピールすることが苦手ですが、アピールして自分を売り込むこと、他の人よりも自分を採用してほしいことをアピールすると、自分の経験にもなりますし、何より自分に自信もついてきます。

スポンサーリンク

暗い雰囲気は落とされる

不採用が続いてしまうと、どうせ今回も落ちるんじゃないかと自信もなくなってきますよね。

そのような自信のなさは、必ず表情や雰囲気に現れてしまいます。ですので、面接は緊張するかもしれませんが気合を入れて、意識して笑顔を多く出すようにしてみてください。

スポンサーリンク

様々な職種にチャレンジ

例えば接客業ばかりにチャレンジしていて不採用が続いているのであれば、一度違う職種にもチャレンジしてみてください。

期間限定の短期のアルバイトであれば、金銭的に足しにもなりますし、面接に受かったという自信にも繋がります。短期のアルバイトをしながら、次に繋がる新しいアルバイトを探すのも一つの手です。

スポンサーリンク

試行錯誤しながら面接を受け続ける

面接に落ちるのは必ず理由があります。不採用になったら落ち込んだり諦めたりせずに、なぜ落ちてしまったのかと自分で分析することが重要です。

会社の条件と自分の条件は合っていたのか、また表情が暗かったのではないか、自己PRが足りなかったのではないか。自分でも分析してみることで、今後の経験にもなります。

たとえ何社落ちたとしても、面接を受け続けることで、必ず採用してくれる会社が見つかります。面接を受けないことには採用もされませんので是非諦めずに頑張ってください。

面接受からない
スポンサーリンク
面接に受かりたいときは
タイトルとURLをコピーしました